• 2017.04.05 Wednesday
  • 4月

4月です。

桜はそろそろ満開になりそうな。

手前は、タコならぬウインナー焼。

家族友人に好評です。

東日本大震災の後、物が倒れてくる恐怖から本が買えなくなってしまいました。

買う時は、吟味を重ねて買うようになりました。

なので、震災後から図書館に通うようになりました。

今までだと、好きな作家だけであったり、ハズレのない本ばかり選んで購入していたけれど、

図書館では、気兼ねなく色んなジャンルに挑戦できるし、

正直、失敗したか…と思っても、ダメージが少なく済みます。

 

面白い作家さんを発見したり。

最近では、小野不由美さん。

「屍鬼」が発売された頃に読んで以来でしたが、その後の作品も面白くて。

綾辻行人さんの本を昔読みまくっていましたが、

お二人が夫婦だと知ったのは、最近の事。

素敵な夫婦だなと思いました。

 

篠田真由美さんも、昔、アンソロジーを二作品読んだだけでしたが、

作風が好みで最近好きになりました。

オーケンの小説やエッセイはおそらく全部読んでいる筈ですが、

最近の本は図書館で読んでしまっています。

作家さんにとったら、借りるよりも購入してなんでしょうが、

まだ恐怖症まっただ中なので、

しばらく図書館通いが続きそうです。

 

 

9月末にあった「ブックフェア」に行きました。

行くのは4年ぶり。

ビックサイト西ホールは、ぎっしりと出展者と来場者でいっぱい。

西ホールだけでは、狭いくらいでした。

老舗の出版社や、新しい出版社などが軒を連ねて、ミーハー心で気分が盛り上がります。

ブックフェアの魅力は他にも。

ほとんどの出版社のブースで、定価の20%オフで本を購入できるのです。

出版社と直接売買をする事で、出版社は取次時に発生する手数料を押さえられるから、

20%割引で購入する事ができるんですね。

私が購入した本もすべて20%オフで買えました。

 

しかし、私が購入した本は、文庫本2冊、絵本1冊、ノート2冊でした。

人がごった返す中、子連れではこれで精一杯でした。

この本に囲まれた雰囲気を味わうだけで幸せでした。

 

弟の奥さんから「ぶどう」を頂きました。

「ピオーネ」と「瀬戸ジャイアンツ」と「オーロラブラック」の三房。

どれも岡山名産のぶどう。

みんなでバクバク食べて、あっという間に一房なくなってしまう。

贅沢させて貰いました。美味しかったぁ

 

夏休みに初めて広島県に旅行に行きました。

広島は、ずっと昔から行きたかった所。

見所が沢山あって、とてもイイ所でした。

外国の観光客も多く、都会だなーという印象でした。

路面電車が多く走っていて、交通面が発達しています。

路面電車は、踏切もホームもなくって、気軽に乗車できます。

改札をくぐって…という、普通の電車の煩わしさもなく、

電車の本数も多いので、気軽に利用できる…と思いました。

吉川さんのご先祖様が住んでいたのかなと、

ミーハー気分で行ってみた「広島城」。

1945年の原爆によって全壊してしまい、その後に建てられた

新しい広島城でした。

確かに「原爆ドーム」に歩いていけるくらい近い距離にありました。

「原爆ドーム」は、映像で見ているよりも、こじんまりとしていました。

カメラを向けていいのか迷ったけど、建物だけ撮りました。

この辺りは、平日でも観光客が多いし、

普通に原爆ドームを背景にピースで写真を撮っていたりする。

もう普通に観光地となっているんだな…と思いました。

71年前の大惨事を思うと、昔の映像を想像してしまう。

余り同調しすぎると、後の旅行も楽しめなくなるので、

気持ちに踏ん切りを付けて。

翌日には、厳島神社へ

フェリーから海を見下ろすと、大きなエイが優雅に泳いでいました。

周りに数匹コバンザメを引き連れて。

水族館とは違う迫力。

足元からゾゾーとくる恐さ。

今海に落ちたらやられそうだなとか想像してまたゾゾーと。

広島県で一番行きたかった所は、厳島神社。

優雅か荘厳できれかったー。

1日中、島に居たい気持ちにさせてくれる、

その辺の木陰で時間の移り変わりを楽しみたいと思わせてくれるような所でした。

しかし、暑かった…

余りに暑いので喫茶店でカキカレーなどを食べて休憩。

 

知らなかったのですが、宮島には沢山の鹿がいて、

最初は「可愛いの〜」なんて写真を撮ったりしていたのですが、

その後、野生の鹿の恐怖を知る事に…

 

かき氷を買うのに夢中で、背後に来た鹿に全く気付かず、

私のカバンの中からお菓子の入ったきんちゃくを取られそうなった時、

私よりも早く、10代後半くらいの女性が必死にひっぱってくれていたんです。

私も慌ててひっぱったけど、鹿も諦めず、鹿の大きな角がグイッと

こっちに向かって来た時に、思わず手を離してしまったのに、

その女性はきんちゃくを離さずにいてくれて、私もハッとしてまたひっぱっり、

ようやく鹿はきんちゃくを離してくれました。

女性に何度もお礼を言いましたが、

まだ10代後半くらいの女性だったのに、

なんて正義感と勇気のある人だろうと驚いてしまいました。

本当に忘れられない出来事でした。

 

 

 

 

 

 

幼稚園のバザーに日用品以外に手作り品も提出しなければならず、

ミシンが故障中なので苦肉の作で、

くるみボタンのヘアゴムを作りました。

作っているととても面白く楽しかったです。

なんだか愛着が湧いてきます。

そしてパッケージに入れて提出。

売れるといいなぁ。

 

先日、NHKの番組「SONGS」で吉川晃司さんの回が放送されていました。

水球選手時代や役者の事も掘り下げた見応えのある番組でした。

GW中にあったこの番組の収録ライブに行ってきました。

こういう場に入るのは初めての経験。

カメラは沢山あるしスタッフの人は沢山いるしで、面白かったです。

ファンクラブからの募集人数は200人ちょっと。

そこに1800人?位の応募があったそうで、

私が当選して観覧に行ける事になったことは、とても幸運でした。

NHKの公募とで全体で300人程入ったみたいです。

私は整理番号が最後の方だったので、ステージから遠くて一番後ろでしたが、

久しぶりの吉川さんだったのでちょっと興奮してしまいました。

花道?のようなステージから続く道があり、

吉川さんが花道を通ってくれるのかな!?だったら近い!と思っていたら、

カメラマンさんの道だったようで、ライブ中にカメラマンさん達が

花道をピューと来て、ピューっとはけて行ったり、

アームのようなカメラが上からグーンと近づいたり、

そういう現場の様子も面白かったです。

収録曲はまさかの2曲だけ。

少な!って思ったけど、ライブではないので仕方ないですね。

その分、曲以外でも見応えのある番組に仕上がっていたので満足です。

 

戦利品のクリアファイルとポストカード。

そして家族の土産のカツサンドでした。

「はぁぁ〜」としょげ返っている最中です。
自分のした事のなので仕方がなく…
今度は失敗のないように…と思いながらも、
「次はないんじゃない…?」と思ったり。
しょげ返っていても仕方がないので前を向いていくだけなのですが。
さて、GWの前半。
5年ぶりにお台場に行って来ました。
お台場といえば、「レインボーブリッジ」や「ゆりかもめ」や「りんかい線」の交通ルートしか
知らなくて、陸の孤島のようなイメージが強かったのですが、
千葉方面から行くと普通に道路を車で走って来られたので驚きました。
そうか、お台場って普通に陸続きだったんだ。
初めて見る実物大ガンダム。
思っていたよりは大きくなかったです。
お台場は人がいっぱい。
久しぶりに都会な雰囲気に少し興奮。
お財布の紐は硬めでしたが、楽しみました。


2月3日の節分の日。
豆まきをやって、まるかじりをしました。
節分の日は、子供の頃からの行事で、豆まきやまるかじりなど。
親がやっていてくれた事を、そのまま自分が引き継いでいる感じ。
こういう行事ってとても大切だなと、この年になってひしひしと感じ始めました。
今思えば、一つ一つの行事を丁寧に精一杯やってくれていたな、と。
用意する方は、とても労力を使っているんですよね。
親に感謝です。
うちの豆まきは、鬼のお面をかぶった父親に向かって、豆を投げつけるというもの。
父親は各々の部屋全部を回って、最終的に窓から出ていくというもの。(鬼が去っていった)
逃げる父親の背中に向かって、豆を投げつけるというのを子供頃からやっていた訳ですが、
この話をすると、大抵みんなびっくりします。
「お父さん、かわいそう。。」
確かに冷静に考えればそうです。
子供の頃からの当たり前な感覚になっていましたが。


最近では、こんな恵方牧も!
太巻きを食べた後に、デザートで食べました。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

ゴメンナサイ (双葉文庫)
ゴメンナサイ (双葉文庫) (JUGEMレビュー »)
日高 由香
文庫版表紙のイラストを描かせて頂きました。
体調の悪い時にはそのまま寝込んでしまいそうに怖い小説です。勇気のある方は是非読んでみて下さい!

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM